編笠山 2524m (八ヶ岳)   
    2010年10月23(土)〜24日(日)     HOME > 山の旅  > 編笠山


   23日 松本14:50〜(車)〜諏訪南IC〜15:50八ヶ岳・K氏邸(泊)
   24日 7:45〜(車)〜8:15造林小屋ゲート前8:20〜(林道)〜8:40登山口〜11:15編笠山11:55〜13:55不動清水14:00〜14:05登山口
       〜14:25造林小屋ゲート〜(車)〜14:50JR富士見駅〜(車)〜諏訪南IC〜15:50松本


        
 
23日  諏訪南ICを降りて八ヶ岳山麓を走っていると阿弥陀や権現岳など高原の雰囲気に魅せられる。夕刻、K氏邸(梁塵亭)に到着した。 今日はお招きを受け、N氏と3名でホロホロ鳥ジビエ祭りだ!
Pauillac2004をはじめ色々なお酒を頂きながら暖炉の火を愛で、ミッチ・ミラー楽団(Yellow Ribbon,Yellow Rose of Texas,Aula Leeなど)を歌いながら、夜の更けるのを楽しんだ。



 24日 6:00に起床してコーヒーを頂き、パン、ウィンナーなどをゆっくり頂いて、N氏と7:45に出発した。昨日K氏邸近くでも親子連れクマが出た!!ということで熊よけの鈴を貸してもらい、八ヶ岳の鉢巻道路を走って昭島市のキャンプ場表示を左折、さらにエース証券研修センターを右折して、造林小屋ゲート前に到着した。
 ここから林道を少し歩いて、登山口に着き、西岳と編笠山のコースが分かれる。しばらくは紅葉の林をうっとりしながら歩いてゆく。
        
 


 緩やかに登ってゆくと針葉樹林に入り、単調な登りが延々続く。ここの写真はパスして、ようやくにして樹林を抜けると富士山から南アルプス、御岳、乗鞍、北アルプスまでの大観と、釜無川(フォッサマグナ)の谷が望まれた。
ところが今度は大きめの岩が累々と重なるガレキ帯である。小生はこういう所を得意としているのでひょいひょいと行ったが同行のN氏は少し苦手だったと見えて苦労されていた。




        
釜無川の谷を見る
 岩場に苦労するN氏

 ゲートから約3時間で山頂にたどり着いた。曇り空で時々陽が射す。気温は8℃くらい、無風とこの時期にしては温かい。
富士山は半身を見せていた。




        
 槍から大キレット、穂高を望む
編笠山山頂から望む阿弥陀岳、中岳,横岳,赤岳

 紅葉は最盛期で、見下ろす山腹が黄色に染まっている。静かに山の雰囲気を楽しみ、同じ道を下っていった。

        
 

     HOME > 山の旅  >  編笠山




 





















inserted by FC2 system