【六甲】落葉山 533m 灰方山 619m  湯槽谷山 801m 高尾山 739m  鬼ヶ島 580m 
            HOME >  山の旅  > 有馬三山
鬼ヶ島から 湯槽谷山方面  


【 日 付 】  2016年12月19日(月)
【 山 域 】  六甲
【メンバー】 六右衛門
【 天 候 】  晴れ
【 ルート 】  阪急・宝塚駅 11:27 (阪急バス) → 12:17 有馬温泉 → 12:40 落葉山 → 13:05 灰形山 13:30 → 14:05 湯槽谷山
       14:10 → 14:25 高尾山 → 15:00 鬼ヶ島 → 15:53 神鉄・有馬口駅




      
今日のコース

 1年の締めに有馬記念じゃなかった有馬三山に行ってきました。
今日も遅い出発で歩き出したのはお昼すぎ、有馬温泉のバス停からすぐのところから妙見寺への参拝コースを登ります。
石段の道で(一部車道)道の脇に西国三十三ヶ所観音霊場にちなんだ観音像が並んでいます。

 



      
観音像(これは書写山)


 妙見寺は鳥居もあって神仏混淆のようで、とりあえずこの1年を何とか乗り切れたことに感謝しておきました。





      
妙見寺


 
本堂の後ろに回りこむとすぐに落葉山の頂上です。
ここからは逆光に有馬三山のあと2つ(灰形山、湯槽谷山)が浮かんでいました。





      
落葉山から灰形山と湯槽谷山

 落葉山からは少し下ります。そのあとちょっと痩せ尾根があり、神戸市の注意看板がありますがそれほどではありません。
 




      
痩せ尾根の一部

 痩せ尾根を終えるとしばらく急登が続き、途中年上?の女性の2人組を抜いて灰形山に登りつきます。
灰形山の頂上はちょっとした広場になっていて、ここでコーヒーを沸かして昼食にします。
先ほどの女性組が追いついてきて結局一緒に昼食タイム。今日は季節が戻ったかのように暖かく風もありません。

 灰形山の先から有馬温泉に降りるというお二人にお別れし、またいったん下って、湯槽谷山への階段状の急坂を登ります。





      
湯槽谷山 山頂手前の道

 湯槽谷山の山頂を踏んで、有馬三山の縦走が完成しました。
ということで、どこへ下山するか、当初は極楽茶屋跡まで登って小川谷を下るかと考えていましたが、時間的に遅いし、
小川谷も何か面白そうに思えなかったので、地図を見ると湯槽谷山の北西に「鬼ヶ島」というピークがあるじゃないですか。
何が「鬼ヶ島」なのか行ってみなければなりません。

 縦走路と別れて高尾山(展望なし)の頂上から北に尾根を激下りします。
(一応国土地理院の電子地図には破線路あり)
降りきったコルが水無峠、そこから少し登り返した ピークCo700の現地には「水無山」の表記がありましたが、ピークらしくなく展望もなし。
松の木がある尾根を少しだけ散歩して、次のピークが「鬼ヶ島」です。こちらも木が生えていて展望という程ではありませんが
木越しに湯槽谷山方面が望めました。





      
「鬼ヶ島」から湯槽谷山方面

 結局何が「鬼ヶ島」なのかわからず、破線路に従い水無川に下山することにしました。
ここからは尾根道なのですが、明らかに踏み跡は薄く落ち葉もあって道形がわからず、尾根末端では道を外してしまい
最後の方はほとんど藪を突っ切ることに。
沢の水音も聞こえたのでそのまま強引に水無川の支流に降り立ちました。なかなか面白かったです。





      
水無川から夕日が当たる有馬三山の尾根を見上げる。今日は i-phone で撮影しました。


    
HOME >  山の旅 > 有馬三山



inserted by FC2 system