【白山】別山 2399m 
       HOME > 山の旅  > 別山                
別山から見た白山 


【 日 付 】 2013年10月14日(月)
【 山 域 】 白山
【メンバー】六右衛門
 単独
【 天 候 】 晴れ 
【ルート】 山崎4:30〜8:15市ノ瀬8:25〜11:15千振尾根避難小屋11:25〜13:00別山13:20〜14:40千振尾根避難小屋15:10〜17:20市ノ瀬
      17:25〜17:50白峰総湯18:25〜22:25山崎


 先週の裏銀座、烏帽子岳の紅葉とブナ立尾根をそこそこ登れたことに気を良くして、別山の紅葉を狙ってみた。
そもそも前夜発のつもりだったが、嫁の作ったトンカツがうまそうだったので?ビールを飲んでしまったため、
早朝発となった。本当は千振尾根→別山→三ノ峰→六本檜→杉峠→三ツ谷の周回コースをやりたかったが、時間的に無理。

 ブナ立尾根と違い、千振尾根はゆるやかな登りだが長い。
市ノ瀬は850m、別山は2399mなので1550mも稼がないといけないのに、時々平坦なところもあってなかなか高度が上がらない。
とにかくだらだら登りだ。このあたりのブナはまだ青々している。




      
ブナの黄葉はまだまだだ。

 3時間近く登り続けて漸く避難小屋に近づくと少し紅葉が出てきた。ここまで年配の方を10人くらい追い抜く。
(若者不在です。)白山が見えるポイントもあるが、頂上はガスがかかっていて望めない。




      
少しだけ紅葉。晴れているのだが白山の頂上はガスで見えない。




      
2時間50分で避難小屋に到着。御舎利山が見えるがガスが流れている。

 いったん少し下ってそこからはジグザグ登りが延々続く。このへんになると紅葉は既に終わっていて
ナナカマドは散って赤い実だけになっている。登山道は東に向かって登っているので光線の具合が悪く写真も冴えない。
後ろから超速の若者がやってきて、風のように抜いて行った。小屋から500m登ってフラフラで御舎利山に立つ。




      
別山付近から御舎利山越しに白山を見る。

 頂上の直前で先ほど抜いていった若者が走って降りてきた。聞けば市ノ瀬を10:00に出発したそうだ!(3時間かかっていない!ひえー!)
13:00についに別山に立つ。神社にお参りしてしばらく佇むが、少し風があり汗をかいているので結構寒い。
三ノ峰方面は全くのガスで何も見えず、白山側はガスに隠れたり、晴れたりだ。千振尾根の避難小屋が500m下に見えている。

 下りも当然長いので気合を入れて下ることにした。下るに従って天候は良くなり、光線も良くなってきたので
下りのほうが写真は上手く撮れた。(かな?)




      
避難小屋から見た御舎利山(左)と別山(右) 三ノ峰方面は相変わらずガスだ。


 小屋で松任から来られていたご夫婦と喋って、その後年配のランナーがもう一人来られてまた喋る。
コーヒーも沸かして大休憩だ。ここからまだ1000m下らないといけないので、このままだと日が暮れそう。




      
ナナカマドの実が赤い。前方は白山釈迦岳。





      
夕日が紅葉を引き立てる。(この時刻に来たのが正解?)





      
ミネカエデは微妙な色。


バテバテで林道に降りると振り返った山の上の雲が燃えていた。




      
日が暮れて、雲が燃えてました。


 白峰まで車で走って白峰温泉総湯に行ってみた。ここの湯は重曹泉でつるつるする美肌湯だ。

      HOME >  山の旅 > 別山




inserted by FC2 system