【北ア】前烏帽子岳 2605m 烏帽子岳 2628m
          HOME > 山の旅  > 烏帽子岳                   
四十八池の紅葉


【 日 付 】 2013年10月4日(金)〜5日(土)
【 山 域 】 北アルプス
【メンバー】六右衛門 単独
【 天 候 】 晴のち曇、曇り一時晴れ
【ルート】 4日:伊那5:55〜6:35七倉7:00(Taxi)〜7:15高瀬ダム7:20〜7:45ブナ立尾根登山口〜10:55烏帽子小屋
         11:20〜12:10四十八池〜12:45烏帽子分岐13:10〜13:30烏帽子岳13:40〜13:55烏帽子分岐〜14:15前烏帽子岳〜14:30烏帽子小屋
         14:45〜15:25三ツ岳への稜線15:35〜16:10烏帽子小屋(泊)
      5日:小屋6:25〜9:05ブナ立登山口〜9:30高瀬ダム〜10:35七倉山荘(温泉)11:25〜12:30ふくらい屋(穂高)12:50〜13:55伊那

4日
 七倉のゲートはこの時期6:30にしか開かず、Taxiに相乗りして高瀬ダムを目指す。歩ける距離だが、登山前に長いトンネルや
ロックフィルダムの斜面を歩くのは興醒めである。Taxiは¥2,100(相乗り+オマケで¥1,000だった。相乗りのご夫婦は湯俣温泉へ。) 





Taxiで高瀬ダムまで15分
トンネルを歩いて




不動沢を吊り橋で渡って
そいでもって何故か丸木橋(濁沢) これは危険だ!



      
ようやくブナ立の登り口に着きました。

 裏銀座のブナ立尾根といえば、北アルプス3大急登と言われているが、確かに取り付きの崖を直登したら急だろう。
でも良く切られたジグザグ道に鉄製の階段、とてもよく整備された道で、これくらいの急登はいくらもある。




      
ブナ立尾根から南沢岳あたりが見えてきた。ブナもあります。

 登りやすいコースで高瀬ダムから烏帽子小屋まで標高差は1280m、3時間35分を要した。
小屋まで誰一人会うこともなく、小屋の人たちに3日ぶりにお客さんが来たと喜ばれた。
平日とはいえ、そんなに人気がないんだろうか。
小屋前にはイワギキョウが少しだけ残って、赤牛岳と薬師岳〜スゴ〜越中沢岳が横に並ぶ。




      
小屋前に残っていたイワギキョウ! ナナカマド!




      
烏帽子小屋に11時前に到着。まずビールだ。残念ながらナナカマドは霜にやられて枯れている。




      
烏帽子小屋から見た赤牛岳と背後に薬師岳。




      
烏帽子小屋から見た薬師岳のカール群。

 時間はたっぷりあるので、四十八池探訪と烏帽子岳に登りに行った。




      
前烏帽子岳付近から烏帽子岳、奥に立山・剱岳、手前に南沢岳。




      
四十八池付近の紅葉。もう少し実際はいい色です。後ろは南沢岳。




      
四十八池の一つ。

食事をしたりだらだら過ごして、烏帽子の岩峰にも登ってみた。
岩壁のトラバースを鎖に頼ってビビリながら頂上に立つが、本当のてっぺんは無理です。
頂上からは四十八池の庭園風景を眼下に見下ろせる。今日は紅葉を独り占めだった。




      
烏帽子山頂から四十八池を見下ろす。 四十八はおおげさだが、八池くらいは見える。





      
四十八池の紅葉。


 小屋に戻って「槍も見たいなあ」と言うと、小屋の人が「明日は天気が悪そうなので今日行った方がいい。
三ツ岳の方に30分くらい登ると見えるよ。」とおっしゃるので、行ってみた。ここからの槍は悲しいまでに天を指す姿だ。




      
槍が見えるところまで三ツ岳方面に登ってみた。(小屋から約30分)前穂も見える。


 野口五郎岳からの傾いだ槍も見たかったが時間もなくなってきたので小屋に戻った。
今日は烏帽子小屋に泊まるが、私のほかはもう1人、船窪から縦走して来た人のみ。
本当にここは穴場だ。夕食を終えた頃、夕焼けで山が燃えてきた。
相手が山ガールだったら徹夜?したのだが、残念ながら年配の男性で6時には寝てしまった。




      
筋状の雲と夕焼け(山はスゴの頭と越中沢岳)



5日
  明けて5日の天気予報は雨で気温はこの時期としては暖かい6℃。
小屋裏のヘリポートに出て餓鬼岳付近から上るはずの朝日、モルゲンロートを見ようとしたが、不発だった。
腰の調子がまたも思わしくなく、野口五郎→湯俣温泉→高瀬ダムの周回縦走を諦め、ブナ立尾根を降りることにした。




      
小屋裏のヘリポートから前烏帽子岳。天候は曇り。


朝から山に雲がかかって好天は望めない。南海上にいる台風23号の雲がここまで影響している。
腰を痛めないようにゆっくり降りて高瀬ダムまで3時間を要した。

高瀬ダムからはTaxiもいたが無視して七倉まで歩くことにする。長いトンネルを通って1時間以上かかった。
七倉山荘の半露天風呂にはいって、汗を流す。美しく掃除された一番風呂は気持ちいい。
車の運転があるので、ソフトクリームで締めとした。




      
七倉山荘の内湯(手前)と半露天風呂。一番風呂です。


      HOME >  山の旅 > 烏帽子岳




inserted by FC2 system