花房山 1190m    
   
 2009年4月18日(土)        HOME > 山の旅  > 花房山

  山崎6:10〜久御山淀IC〜(京滋バイパス・名神・北陸)7:40木之本IC〜八草峠〜303号線・417号線〜8:55東杉原
  9:05〜11:38花房山12:00〜14:15東杉原〜来た時と逆コースで〜山崎

  お葬式3回と花粉症と小さな風邪ですっかり体調を崩してしまったが、何とか薬で散らした。
 4月に入って春らしくなり、ようやく今年の初登山を迎えるにあたって、その名も美しい美濃の花房山を選んだ。
 標高の割になかなか手強い山で、東杉原登山口からの標高差は940mあって痩せ尾根を登らなければならない。
 この時期のお目当ては、イワウチワの淡いピンクの花である。

 
藤崎城とドンドン橋
八草峠を越えて横山ダムから国道417号線に入る。
藤崎城と書いてある方へ別れて、三角帽子のどんどん橋を渡ると駐車場がある。駐車場から見ると廃寺があるが、その裏が登山口である。
ネットの情報(平成17年)では赤テープがあるだけとあったが、りっぱな道標が立っていた。







登るにつれて能郷白山が見えてくる。名残りの桜と。
1時間程登るとお目当てのイワウチワが出てくる。
     

 急登1時間くらいでイワウチワが出てくる。花房の名に相応しい素晴らしい群落が痩せ尾根を飾り、光と影になっている。
あまりの素晴らしさに写真撮影が忙しい。

 登るに従って能郷白山の向こう、木の間越しに純白の白山が浮かび上がってきた。約2時間30分で西峰、ここから少し薮の被さった道を8分で本峰の頂上に立つ。

 眺望は360度で、青い空に浮かぶ雲のような能郷白山と更に白い白山が見える。冷やしてきたビールで昼食とした。
今日は夏山のような天候で、美濃の山だけあって虫が多い。
休んでいると25名くらいの中高年の団体がやってきて、山頂が満員になり静かさは破られ、早々に山頂を辞した。
 



稜線(西北尾根)は痩せている。




可憐なイワウチワの花
イワウチワ 光と影1




イワウチワ 光と影2
イワウチワ 光と影3




山頂から能郷白山
山頂から白山


      HOME > 山の旅 > 花房山






inserted by FC2 system