【京都】鳩ヶ峰(男山)142m  
          HOME > 山の旅  > 鳩ヶ峰                    
鳩ヶ峰への登り道で 


【 日 付 】 2014年1月5日(日)
【 山 域 】 京都
【メンバー】六右衛門 単独
【 天 候 】 曇り 
【ルート】 石清水八幡宮一の鳥居12:20〜12:25神応寺〜12:43鳩ヶ峰〜12:58石清水八幡宮(本殿)〜(表参道)〜13:20京阪電車八幡市駅
      13:28〜13:33淀駅〜京都競馬場〜淀駅14:28〜14:33八幡市駅

 今年の正月休みで唯一予定が決まっていたのが、1月5日の淀競馬場(京都金杯)。
それだけでは芸がないので勝負の神様である八幡市の石清水八幡宮に詣でて年始よりスタートダッシュを決めようという算段である。
自宅から車で10分少々走って石清水八幡宮の駐車場に止めようとしたが、入ろうとする車が行列を作っている。
仕方なくやや離れた駐車場に駐めることにした。車を置いて歩いてゆくと淀屋辰五郎旧邸跡という石碑と門があった。




      
淀屋辰五郎旧邸跡(この門はその当時のもの?)

 
淀屋橋を作った豪商淀屋だ。米の先物商売を始めた商才のある初代淀屋は大坂を本拠としたが、
人が店に行くのに便利なように大川(旧淀川)に橋をかけたそうだ。
5代目となる辰五郎は、遊興が過ぎるという名目でお家の財産を没収され所払いにあった。
実際のところは借金が膨らみすぎて返せない人達が、パワハラで棒引きにしたらしい。

 一の鳥居の手前が神応寺を経由して鳩ヶ峰に向かうルート、「こもれびルート」という名前がついている。
歩き出すと初詣の喧騒がなくなり、すぐ門があり石段となって、5分で神応寺に登り着く。数人が参拝していた。




      
神応寺

 神応寺のすぐ上からは、京阪電車が木津川と淀川を鉄橋で渡るのが望まれる。線路は大きくカーヴを描いていて川を直角に渡るように
作られている。木津川の上流には流れ橋があるはずだが、ここからは見えない。




      
神応寺の上から見る京都市街

 更に登るとケーブルカーの音が聞こえ、京阪電車と同じ色の車体がすれ違って行った。
それほど急な角度ではなく、季節外れの桜(十月桜か?)を前景にのどかな風景だ。




      
男山ケーブルカーが来るのを待って撮影。十月桜?が咲いていた。

 このポイントを過ぎると薄暗い竹藪に道は入ってゆく。道は落葉でふかふかしていて、広葉樹の薄暗いところをうねうね歩く。




      
神応寺から鳩ヶ峰へ登る道

 鳩ヶ峰の標高は142.3mなのでそんなに登りが続くはずもなく、20分少々で山頂に着いた。
(このうち5分は写真のためにケーブルカーの通過を待っていた時間だ。)




      
鳩ヶ峰山頂:展望なし。 二等三角点と国分寺跡?の碑、陸海空軍殉国英霊鎮杞塔 がある。


 
われ登頂せり!と叫ぶほど盛り上がらない地味(展望なし)な山頂を即刻辞して、少し下ると山上に不釣り合いなスポーツ施設に出る。
ここからは舗装道路を歩いて石清水八幡宮の本堂に向かう。本堂の周りは初詣の人で溢れていた。




      
石清水八幡宮本殿(この写真だとそれほど人はいないように見えるが・・)


 手を清めるのも順番待ちでもういい!とご利益を期待せず、参拝だけしてUターンした。
本当は八幡造りの欄間の彫刻や、鬼門封じに東北の角を切り取った石垣を見たかったが、別の機会に
じっくり見ることにした。走井餅5個入り¥630を購入し、「お餅が柔らかいので水平にお持ちください。」と
言われるが、デイパックでは水平と言われても難しい。
 広場に戻りサー・トーマス・エジソンの記念碑を見る。




      
エジソン記念碑


 エジソンは彼の発明である白熱電球のフィラメントに、八幡の竹を使用して電球の寿命を大幅に伸ばした。
だからといって記念碑の前に電気自動車の充電コンセントをこれ見よがしに置くのはいかがなものか。
ちなみにこれを使用するときは社務所に申し出よって、誰が使うの?




      
エジソン記念碑前にある電気自動車充電器


 帰り道は表参道を選ぶが、参道のど真ん中に一ツ石という石が埋め込まれていて、これが「お百度石」かつ
「勝負石」だそうだ。なんでも競べ馬のスタート地点らしいので、今日の目的にはピッタリ!
お賽銭を置いて撫でておいた。




      
表参道のど真ん中にある一ツ石(勝負石!)


 石段を下ると途中に「鳩茶屋」がある。これは昼食に捕まろうと思って中へ入ったが、残念ながら人手不足で
甘酒やビールくらいしか出せないそうだ。この繁盛の時に商売っけがないことだが・・・




      
表参道にある「鳩茶屋」


 ジグザグの石段を降りて、京阪電車の八幡市駅から準急電車に乗り、次の淀駅で降りる。
驚いたことにパドックはG1かと思うほどの人出だ。金杯までまだ2時間以上ある。
うどんを食べたら8Rのファンファーレが鳴ったので、スタンドにいくが人が多すぎて馬が見えない。
げんなりして金杯、中山金杯の馬券を買って帰ることにした。
家でTV観戦したところ
中山金杯は、9セイクリッドバレー(6番人気)から買ったが12着に。勝った3オーシャンブルーも買っていたが・・・
京都金杯は、13ブレイズアトレイル(11番人気)から買い、直線一瞬伸びそうだったが結局4着に。
一ツ石のご利益はいずこへ?

      HOME >  山の旅 > 鳩ヶ峰




inserted by FC2 system