【京都】大原〜比叡山〜北白川  水井山 794m 横高山 767m
          HOME >  山の旅  > 大原〜比叡山〜北白川
ケーブル延暦寺駅から右手伊吹山、左奥にうっすら白山  


【 日 付 】 2016年2月11日(木)
【 地 域 】 京都 

【メンバー】六右衛門
【 天 候 】 晴
【ルート】 大山崎 6:45(阪急)7:09 四条河原町 7:24(京都バス17)8:05 大原・戸寺 〜 8:55 仰木峠 〜 9:30 水井山 〜 9:50 横高山
      10:25 〜 11:45 延暦寺・根本中堂 〜 12:00 ケーブル延暦寺駅 〜 明王堂 〜 一本杉 〜 地蔵谷 〜 14:40 北白川ラジウム温泉
      15:09 (京阪バス56)15:35 東山三条 〜 15:50 ぎおん権兵衛


 気合を入れて早起きし、河原町から京都バスで大原を目指す。
大原は霜で白くなっていて、気温は-2℃である。
戸寺バス停横の信号から歩き出した。まずは京都一周トレイルを進んでゆくが、植林帯に朝日が差し始める。




      
暗い植林帯の尾根を進むが、山腹に陽があたってきた。


ひとしきり尾根を登ってゆくが、さすがに空気が冷たく手袋をした手が冷たい。仰木峠を前に尾根を右手に
外れ、巻き気味に登ってゆく。2〜3cmの雪が出てきた。




      
尾根を外れ巻き道気味に。仰木峠を目指す。

 仰木峠で大尾山の方に向かう男性とすれ違う。峠からは少し急になって、5cmくらいの雪道を30分くらい歩いて、
今日の最高点?水井山に到着した。京都市内から比叡山方面をみた時、比叡山の後ろに猫の耳のように2つの山があるのが、
前から気になっていたが、その一つがここだ。木に囲まれて展望はない。




      
水井山の山頂(794m)展望はありません。

 猫の耳なのでいったん急に下り、横高山へ進む。ようやく自然林になるが、周りの山は木の間越しにしか
見えない。行く手には比叡山の双耳峰が見えている。清々しい道である。




      
横高山方面に進んで水井山を振り返る。

 20分くらいで次の山頂、横高山に着く。ここも展望はないが明るい広場が雪に覆われ、足跡もない。
鳥の鳴き声が少し聞こえるくらいで、とても静かである。だいぶ早いがここで昼食とした。
温度が低いのでガスの出が悪く少し時間がかかったが、暖かいスープが出来上がった。




      
ここが横高山の山頂です。鳥の鳴き声が少し聞こえるほかとても静かです。

 山頂で道は90度曲がり、こんどは延暦寺に向かう。比叡山ドライブウェイが近くを走っているが車もあまり来ない。
すぐに玉体杉という太い杉があり、ここは修行中に京都御所に向かって遥拝する場所という。




      
玉体杉で京都御所を望む。左手は比叡山の四明岳。

 明るい尾根道を行くと左手に白い伊吹山が空に浮かんで見える。ドライブウェイの下をトンネル(マンポ)でくぐって
また一人すれ違って延暦寺の西塔伽藍の領域に入ってゆく。まずは釈迦堂だが、大人のカップルがいかにもお忍びと
いった感じで人混みを逃れてきていた。(実に羨ましいね)




      
西塔 「釈迦堂」 トレイルは「にない堂」をパスして「椿堂」へ。

 次に凍てついた道をたどって比叡山で最も清浄な聖域とされる「浄土院」だ。屋根の雪が融けて落ちる音しかしない。
浄土院を過ぎるとS字カーブの急な階段となって「山王院堂」を経てドライブウェイを橋で渡る。




      
左手が「浄土院」道は凍りついている。

 ここで京都一周トレイルは右手「ケーブル比叡駅」へ行くが、トレイルを外れ左手東塔へゆく。

根本中堂が近づくにつれ、いきなり観光地のようになって土産物屋や人がたくさん現れる。
一応お堂の外から拝んだ後、スルーして「ケーブル延暦寺駅」へ向かう。「ケーブル延暦寺駅」前の広場は
琵琶湖を望む大展望だ。琵琶湖越しの右手に近江八幡の長命寺山、その右奥の白い山は御池岳で、左に浮かんでいる
白い山は伊吹山、左手奥に能郷白山、さらに奥に白山が霞む。




      
「ケーブル延暦寺駅」からの展望。




      
上の写真と同じ位置からデジタルズームで拡大。琵琶湖越しに白山。

 ここから今度は東海自然歩道に入って明王堂に至り、折り返して修業をするための滝の上を巻いて
ロテル・ド・比叡に出る。ドライブウェイにそって少し進むと登仙台パーキング(一本杉)だ。




      
登仙台パーキングから京都市街(北白川方面) 右の建物は京都精華大学 叡山閣

 地図では一本杉の横を進む道が描かれているが、道が見つからない。
進入禁止になっている叡山閣に入り、その先にあるNHKの比叡山中継所の右手に道を発見!入ってみると明確な尾根道になる。
かなり下って突然車道のような広い道に飛び出し、鳥居がある。ここで再び京都一周トレイルに戻った。
ケーブル比叡山駅方向に登る道と北白川に下る道と鳥居をくぐって山中越の地蔵谷に下る道の3本がある。
鳥居をくぐって進んだが、小さな谷を橋で渡って支谷に入ると谷が崩れて立木が乱雑に倒れている。
地図上では尾根道なので左岸に登ってみると道があったが、意に反して登ってゆくのでどうもわからず
戻ることにした。(20分ロス)

 その後、白鳥山を巻いて瓜生山への登り口に分岐があり地蔵谷へ下る道標があったので、それを選んで谷を下ってゆくと
わずかで府道30号線(山中越)に飛び出した。ここには、不動温泉と北白川ラジウム温泉の2軒がある。
不動温泉に入ろうとしたが呼んでも誰も出てこないので、北白川ラジウム温泉に入ることにした。
日帰り入浴で何と¥1,550! 柔らかいお湯だったが、循環+塩素消毒だった。




      
北白川天然ラジウム温泉の入り口。

 温泉前から1時間に1本の京阪バスに乗って、ぎおん権兵衛(蕎麦屋)さんへ。 あーよく歩いた。




      
ぎおん権兵衛さんで、ざるそば。最近はぎおんでも中国人客が。


      HOME >  山の旅 > 大原〜比叡山〜北白川




inserted by FC2 system