地酒評論家
  地酒評論家というのは、単なる酒飲みのことである。

      HOME > 地酒評論家
 日本各地には個性的で楽しい日本酒が数多くあります。この中から気に入っているものをご紹介します。
大分前に飲んだものもあるので、今は販売していないかもしれません。
印象は個人の嗜好なので、違った感想を持たれる方はいらっしゃると思います。
特別な日に飲む酒は別として、普段使いは高い酒は飲めません。特定の銘柄がマスコミなどで紹介されると人気が出て、それらの酒がみんな首都圏に行ってしまい、かつ値段がとても高くなって手が届かなくなってしまいます。
それでも売れます。最近は焼酎も同様傾向にあるようですが。しかしそれらの酒と同等以上の品質でかつリーズナブルな価格の酒がいくつもあります。地酒評論家ですから灘や伏見の大手蔵の酒は基本的に興味対象外です。




香川県仲多度郡多度津町の西野金陵さんの「金陵」吟醸 金毘羅さんのお神酒で、地元の酒米大瀬戸を使った柔らかくなめらかな酒。娘のお土産。 京都市左京区吉田の松井酒造さんの「京千歳」純米 
京都市内で伏見以外の酒蔵2つの内一つ 2017/1
フランスはキュミエール村のLouis Roederereさんのシャンパン「Brut Premier」 繊細な泡、フレッシュで芳醇な逸品でした。 ラベルにあるシリアルNo.から個別のボトル情報が取得できる。メーカーHP 奈良県御所市の油長酒造さんの「風の森 秋津穂純米 しぼり華」この蔵の特徴である無濾過無加水生酒。醗酵に伴う炭酸ガスの発泡でちょっとジュース感覚の味と、発泡が収まってからのすっきりとした感じの2度楽しめる。




富山県黒部市の皇国晴酒造さんの吟醸「幻の瀧」あっさりして爽やか。2016/3
岩手県盛岡市の(株)あさ開さんの「あさ開」純米吟醸 控えめにして華やかな吟醸香 2016/10
新潟県糸魚川市の渡辺酒造店さんの「根知男山」純米酒
2016.12.22糸魚川市の大火で360年以上の蔵「加賀の井」さんが被災されました。お見舞い申し上げます。たまたま同じ糸魚川の根知谷のお酒を飲んでます。雨飾山の水で醸す。
(伊)のロッカ・ディ・モリさんの「サレント・ロッソ・スルサム」
しっかりとしたフルボディだが、とても飲みやすく果実の味が広がる。小さな家族経営のワイナリー。




兵庫県西宮市の白鷹酒造さんの生酛純米生詰冷やおろし西宮市の「白鷹禄水苑」で喜んで購入 2015/9
岐阜県中津川市(旧恵那郡福岡町)の恵那醸造さんの「鯨波」純米 ヒダホマレを使った素朴な味、ラベルのクジラに小さい目がある。
岐阜県中津川市第2弾
三千櫻酒造さんの「三千櫻」純米五百万石 キリッとした味。

愛知県設楽郡設楽町関谷醸造さんの「蓬莱泉」純米吟醸「和」熟成生酒久しぶりに大阪で蓬莱泉を見つけて思わず購入。



新潟県佐渡市の加藤酒造店さんの「金鶴」純米 風和(かぜやわらか) 飲んだ時生酒かとラベルを見なおしたが・・・いい酒です。
京都府舞鶴市の池田酒造さんの「池雲」「CLOUD」地元の日本晴を使った生酒 クラウドコンピューティングの影響?
新潟県佐渡市の逸見酒造さんの「真稜」純米 五百万石を使ったこの素晴らしい酒は、真の吟醸酒と言っていいと思う。しかも安い! 取り寄せ決定!




長野県小布施町の小布施ワイナリーさんの『ソガ』9号酵母+美山錦の美しい酒『LeSake Erotique』(レ・サケ・エロティック)オトナの男女にしかわからない香りをこう名づけた。@心斎橋『郷ノ舎・大山』さんで。
新潟県妙高市の君の井酒造さんの君の井「越後の蔵秘伝」 純米吟醸山廃仕込
大津市平井商店さんの「浅茅生(あさぢを)」渡船6号
後水尾天皇の御製から命名。ぴりりとした辛さがある。ラベルも昔風で良い。 2015/2/17
京丹後市大宮町白杉酒造さんの「白木久」純米生原酒 丹後産こしひかりを使ったフレッシュな酒 2015/4/6



石川県白山市鶴来町小堀酒造店さんの「萬歳楽」吟醸酒 菊のしずく 福島県耶麻郡磐梯町の栄川酒造さんの「栄川(エイセン)」特別純米酒。小原庄助さんの飲んでいた酒はこれだろうか。東北に酒あり!
2014 年末はこれだ。フランスコート・ド・ブランの至高のシャンパン Champagne Barons De Rothschild Brut 金色に輝きスムーズにして柔らかい。 神戸市東灘区御影郷の(株)神戸酒心館さんのspecial version 「壱」純米吟醸。同社のHPに掲載されている販売店のみで販売。




群馬県利根郡川場村の永井酒造さんの「吟醸しぼりたて谷川岳」
山形県東置賜郡高畠町の米鶴酒造さんの「米鶴特別純米亀の尾」
幻の品種「亀の尾」の味のイメージは持ってませんが、マイルドで美味い。
秋田県山本郡八峰町八森の山本合名会社さんの「白瀑」純米 白神山地のブナに磨かれた湧水のみを用いた美酒。アテは八森ハタハタ。
新潟県魚沼市(旧守門村)の玉川酒造さんの「玉風味 本醸造 十八代」 地元民が飲む普段使いの酒。丸は丸い味?



滋賀県長浜市木之本町冨田酒造さんの「七本槍」渡船 純米
復刻米「渡船」を77%に削って醸した。「渡りに船」という感じで・・
長野県駒ヶ根市の酒造株式会社長生社さんの「信濃鶴」特別純米酒
吟醸酒とは謳ってないが県産美山錦を55%まで削った吟醸酒で、しかも¥2300 信じられない銘酒だ。

神戸市東灘区御影郷の(株)神戸酒心館さんの「福寿」超特選純米酒 ノーベル賞授賞式で供されたと話題になったが、この酒を選んだ人のセンスが良い。灘の酒であるが、丁寧な造りが感じられる。2013.7





京都府船井郡京丹波町の丹波ワイン(株)さんのピノ・ノワール ヴィンテージ2010 いいですね〜 
宮城県加美郡加美町の(株)中勇酒造店さんの「夢幻」特別純米酒2012.12
スコットランド・アイラ島のボウモア蒸溜所は波に洗われているそうだが、日本一海に近い蔵元:福島県浪江町の鈴木酒造店は、東日本大震災で津波に流され、原発事故で避難を余儀なくされ山形県長井市に再興した。 「磐城壽」純米酒 するする飲める。2013.2



長野県岡谷市(株)豊島屋さんの「神渡」ひやおろし旨口純米原酒。さわやかな信州の風。
兵庫県西宮市万代大澤醸造さんの「徳若」純米原酒熟成酒  とろりとした感じ。 2012.9
京都市伏見区東山酒造さんの「坤滴」純米ひやおろし 鳥取県の契約農家の有機栽培の山田錦だけを使用した素晴らしい逸品 2012.10




秋田市新政酒造さんの「やまユ青ラベル」美山錦と6号酵母を用いた純米吟醸生酒で、すっきりとしていて香りが素晴らしい! 2012.4
灘・神戸酒心館さんの純米「福寿」丹波婦木農場産の北錦を70%精米した。米の力が感じられる酒。Aさんに頂いた猪口で。2012.5
山形県飽海郡遊佐町の高橋酒造店さんの「東北泉」地元の酒米出羽燦々を使った美しい酒
石川県加賀市鹿野酒造さんの「常きげん」夏用の純米生で爽やか ラベルは紙でなくシール 2012.7 




長野県上高井郡小布施町の小布施酒造さんの「ソガペールエフィスJ1」純米吟醸無濾過原酒湯煎瓶火入。ワイナリーが造る県産美山錦と7号酵母を用いた純然たる日本酒。(でも瓶はワインで750ml)こんな酒が造れるなんて日本酒の奥は深い。 2011.11
新潟県南魚沼市青木酒造さんの「鶴齢」特別純米山田錦 55%無濾過生原酒 コクがありながら全てにバランスが良い。巻機山からの伏流水で仕込む。 2011.12 
滋賀県長浜市木之本町冨田酒造さんの「七本槍」80%純米 滋賀県の玉栄を使って敢えて削らないで醸した。酸味があり、穀物の濃密な味がする。2012.2




山形県村山市の高木酒造さんの大吟醸「黒縄」。「十四代」の県内ブランドであるが、山田錦を35%!まで磨いた芳香の素晴らしい逸品。
定価¥10,000らしいが、プレミア価格。御馳走様でした。2011.6

広島県竹原市の中尾醸造さんの「誠鏡」の純米大吟醸「幻」。山仲間のT氏から頂戴した超高級酒で、生酒のような輝きがある。良い条件で保存すると熟成が進む そうだ。2011.7
山形県寒河江市の月山酒造さんの「銀嶺月山」本醸造
まだ月山は登れてません。2011.7

長県伊那市宮島酒店さんの「信濃錦」全品が純米酒でMyブームの常用酒。美山錦100%使用で、¥1,785  2011.11




京都市伏見区横大路の齊藤酒造さんの「英勲」特別純米無濾過生原酒・無圧しぼり 2010.10
長野県佐久市千曲酒造さんの「帰山」与番特別純米 日本酒度-5 やわらかい飲み口で料理を引き立てる。2010.11
山形県鶴岡市渡會本店さんの「出羽ノ雪」純米大吟醸「和田来 亀の尾」2010.12
秋田県大館市(株)北鹿さんの大吟醸酒「北秋田」 4合で¥1,050という値段で大吟醸?とあまり期待していなかったがGood! 2011.2

 


福井県吉田郡永平寺町の「黒龍」吟醸・いっちょらい
何とも言えない輝きのある酒、これはいい。
長野県伊那市宮島酒店さんの「信濃錦」無濾過 芳醇 純米酒 全量契約農家の美山錦を使用した薄濁り酒で、信州の残雪の山を感じさせる。2010.3
山口県岩国市八百新酒造さんの「雁木」純米吟醸無濾過 生原酒
何という気合の感じられる酒だろう。山田錦100%。2010.8
長野県佐久市千曲錦酒造さんの「帰山(きざん)」参番純米吟醸 日本酒度-16とあるが、甘くはない。淡麗な吟醸とは異なる力のこもった旨口で、日本酒らしい味。(無加水)山へ帰るの名に惹かれる。2010.5


自 宅近くのサントリーの山崎蒸溜所で販売しているウィスキーの中で、最も香りが良く気に入っているのが、「樽出原酒12年シェリー樽仕上げ」(これは地 酒。)アルコール度は54度。ストレートかロックか山崎蒸溜所に湧いている水で水割りに。以前は600mlの瓶があったのだが、最近はミニチュア瓶 180mlしかない。15年物はシェリー樽仕上げでないので別の酒である。

新潟県東蒲原郡阿賀町津川・麒麟山酒造さんの「麒麟山」 伝統辛口 略して「伝辛」飲みやすく飽きが来ない味、しかも安い。ラベルも美しい。2009.11
広島県呉市宝剣酒造さんの「寶劔」純米吟醸 八反錦を使った生酒 一言うまい! 2010.2




宮城県柴田郡村田町・大沼酒造店さんの「乾坤一」純米吟醸原酒「冬華」:ササニシキ100%、米の品種の違いか華やかな味に! 新潟県村上市の大洋酒造さんの「村上限定醸造 紫雲大洋盛」安くてうまい。何故村上限定?
2009.8
新潟県村上市宮尾酒造さんの「〆張鶴」特撰吟醸酒 これまたうまい。朝日連峰の水がうまいのか。
2009.8

京都府船井郡京丹波町の丹波ワインさんのDelawareVintage 2006 普通に食べるデラウェアでこんな和食に合う中口ワインが。




宮城県大崎市の寒梅酒造さんの
「宮寒梅・愛国 純米斗瓶取中汲」幻の米「愛国」を自家栽培して醸した辛口で骨太な純米酒。
塩尻市井筒ワインさんのNACケルナー[ズースレゼルヴ]ケルナー種100%の白ワインで、とてもバランスが良い。感心した。
宮城県栗原市千田酒造さんの「栗駒山特別純米」2008宮城県内陸地震の支援をせねばならぬという名目で買いました。
新潟県長岡市朝日酒造さんの「朝日山」(大吟醸萬寿盃)淡麗スムーズにしてふくよか。大吟醸の名に恥じぬ銘酒。欠点は飲み過ぎること。昔ながらの丸いラベルも渋い。ブラボー!2008.12

福 井県大野市の南部酒造場さんの「花垣・亀の尾純米」流行の吟醸酒とは違い、昔の味を目指し幻の米「亀の尾」を控えめに70%に削って醸した。色は黄色が強 く、香りも独特で初めは何これ?と思ったが、癖になってきた。南部酒造さんでは、今日(8/31)が亀の尾の稲刈りですとおっしゃってました。出所の分か らない米を買う蔵元は、事故米に当るが、米の生産者が見えている酒蔵はこんなにも個性的で楽しい酒を醸すことができる。

灘・魚崎の櫻正宗(株)さんの「櫻正宗 焼稀 生一本 山田錦」
濃い味でなかなか良い。普段飲む酒に力を入れたいという姿勢が、良くわかるし、好ましい。

櫻正宗は、正宗の元祖、宮水発見蔵



 
京都・伏見松本酒造さんの純米無濾過量り売り蔵出し生原酒 うまいが、ラベルは素っ気ない
岐阜県中津川市はざま酒造さんの「恵那山」純米吟醸 恵那山40年ぶり登頂記念! 天童市水戸部酒造さんの「山形正宗」純米吟醸雄町 2008.7
宮城県栗原市金の井酒造さんの
「綿屋」特別純米美山錦 生酒に近い感じの素晴らしい酒 2008.8





潟上市(秋田)小玉醸造さんの「太平山
由利本庄市(秋田)(株)齋彌酒造店さんの「雪の茅舍(ぼうしゃ)」山廃純米吟醸 若々しく輝きのある酒。真の吟醸酒。素晴らしい!
同じく齋彌酒造店さんの「由利正宗」純米吟醸2年貯蔵酒「隠し酒」「雪の茅舍」に比べ、優等生。2007.11 金沢市(株)福光屋さんの「加賀鳶」山廃純米 男性的な本格辛口酒。2007.12




東広島市(西条)の賀茂泉酒造さんの「賀茂泉」:「賀茂泉」しか置いていない酒房カンキ(梅田)で、美女お2人と生酒! 新潟市越後酒造場さんの甘い雨「甘雨」(かんう) 名前と異なりきりりとした辛口酒。
京都市伏見区松本酒造さんの「天引」2年熟成原酒。カンパチのあら炊きとともに。
丹波篠山市狩場酒造場さんの「秀月」純米生。失礼ながら名前が印象に残らないが、生酒特有の輝きのある良い酒。国道372号線沿にある。




北海道根室市碓氷勝三郎商店さんの吟醸「北の勝」 毛ガニで一杯 秋田の飛良泉本舗さんの「飛良泉」 奈良の久保本家酒造さんの「初霞」 宮城の大沼酒造店さんの「乾坤一」コレは辛口の銘酒だ!




大阪府池田市の「呉春」愛用の酒である。呉春の酒名は、江戸時代後期の画家「松村豊昌」が一時期池田に住み、画号を呉春としたことによるようだ。
「呉春」の特吟:旧特級酒。枯れた味わい。幻の酒米赤磐雄町使用。灘で酒造りが盛んになる前、隆盛を誇った池田の伝統を継ぐ蔵。
岐阜県中津川市はざま酒造さんの恵那山」 うまい!
福井県大野市南部酒造さんの「花垣」鮮烈な味わい。


新潟県新井市の「君の井」
新潟における小生の好みはこれ
新潟県村上市宮尾酒造さんの「〆張鶴」良い酒であるが、人気が出て高嶺の花になってしまった。三面川のシャケとともに。
愛知県設楽町関谷醸造さんの「蓬萊泉」の大吟醸酒「空:くう」吟醸香が素晴らしい。(そら)や(あき)じゃないですよ。
同じく「蓬萊泉」の特級酒(空の面影を色濃く残す。)




新潟県南魚沼郡塩沢町の「高千代」
新潟県上越市田中酒造さんの
「能鷹」 能ある鷹は・・・
新潟県加茂市(株)マスカガミさんの「萬寿鏡」
新潟市内の「今代司」の秘蔵酒8年以上 水のように淡く雑味がない。ほかに「超辛口」も。



新潟県長岡市の吉野川(株)さんの「極上吉乃川」

新潟県上越市武蔵野酒造さんの「スキー正宗」
宮城県石巻市の「春陽墨迴江」これはいい。
長野県岡谷市の「高天」特級酒 DeLuxeの文字あり。甘口酒だが味が深い。




京都市三条商店街の中にある安田酒造場さんの「保壽泉」。廃業されたのか、蔵の場所にマンションが建っていた。
新潟県北魚沼郡小出町(現魚沼市)緑川酒造さんのの「緑川」
石川県白山市鶴来町小堀酒造店さんの「萬歳楽」吟醸酒 「白山 石川県松任市車多酒造さんの「天狗舞」 漫画「美味しんぼ」にも登場していた。
 
      HOME > 地酒評論家
inserted by FC2 system inserted by FC2 system