【京都北山】 鎌倉山 
951m 八丁平 約820m      
    2011年11月12日(土)     HOME > 山の旅  > 鎌倉山


 11/12  山崎7:15〜大山崎IC〜京都東IC〜湖西道路〜途中〜8:30坊村駐車地8:40〜9:10ろくろし平〜9:45ブナ平〜10:25鎌倉山
      11:00〜12:00オグロ坂峠〜12:20八丁平〜江賀谷右俣〜13:25江賀谷二股〜13:55葛川中村〜14:15坊村駐車地
      14:40(車)14:48花折15:10(車逆コース)16:10
山崎

 坊村の曙橋を渡ったところに広い駐車場がありそこに車を止める。
(ふと見ると駐在所の真ん前じゃないの。いっぱい止まってはいるけど、止めていいのかな。)
水神社の前を通って鎌倉谷の橋を渡ったところから道が始まり、
登り始めてすぐに右手に鎌倉山への尾根道を分けるが、鎌倉谷を少し詰めてみる。
するといきなりゴルジュが現れる!




        
鎌倉谷のゴルジュ(口の門)


 しかしこの谷は工事をいろいろやっていて、ホースや電線管が残置されていたり、ケーブルが
吊り下げられていたりして興ざめだ。良い谷なのに何でこんなことをするのかなあ。
それにゴルジュを抜けると今度は堰堤が現れる。付近で林道の工事もやっているようで、上空にワイヤーが
張られているのも見える。鎌倉谷を稜線近くまで詰めてゆくつもりだったが、すっかり落胆して
南谷の出合となる前に谷と別れ右手山腹に登ってゆく道を辿る。植林帯を登ってゆくと、20分くらいで
林道に出てしまう。林道を横切って更に15分で、休憩にもってこいの「ブナ平」に着いた。
(紅葉はどこへ行った?)5人パーティが休憩中で、先に行かせてもらった。




        
「ブナ平」雰囲気は良い。紅葉は?? 

 ここからは鎌倉山の東尾根を登ってゆく。傾斜は緩くなって、シャクナゲやイワウチワの群落や自然林も出てくるが、
相変わらず鎌倉谷側は植林が多い。今年は本当に紅葉不作で、紅葉していない木や枯葉になっているもの、
落ち葉も赤いものはとても少なく茶色に枯れたようになっている。





大地からねじれて出てきたのか!



        
鎌倉山 東尾根

  緩やかに登って行くと広場のような鎌倉山山頂に到着した。大休憩の昼食である。
気温は15℃くらいあり、暖かい。天候は晴れたり曇ったりで、雲が流れている。
先ほどの5人のパーティが登って来られて、小休止で八丁平方面へ出発して行かれた。
その他にペア1組と2人ほど。坊村の駐車場にはたくさんの車が止まっていたが、皆比良の方へ行ったのか。




        
鎌倉山 山頂 950.5m 展望はないがこれまた休憩適地で昼食を


  鎌倉山からは尾根どおしで八丁平方面を目指す。尾根はなだらかなのだが、細かい尾根や谷が交錯しており
地図に表現できないような微妙なアンジュレーションがある。どこでも歩けるので早速道を外してしまった。
先ほどのお二人が違う方向に向かってゆくので、あっちかあと登り直した。
鎌倉山とオグロ坂峠の間の道は、美しい自然林で素晴らしい。少しで千年杉を過ぎる。




        
千年杉

  尾根道といってもコルと山頂(コブ)が繰り返し現れ、結構登り下りがある。
雲が流れて日が差すと木の影が斜面に縞模様を作って、これで紅葉が良ければなあと
ないものねだりをしてみる。




        
オグロ坂峠への尾根道で




        
これくらいが今回最高の色づき(1)





        
これくらいが今回最高の色づき(2)


 約1時間でオグロ坂峠に出て、峰床山をスルーして八丁平に向かう。小さな尾根を巻いたところが有名な
八丁平であるが、鹿が笹の実生を食べるので、笹再生のためにフェンスがこれでもかと張り巡らされていて
雰囲気も何もあったものじゃない。(がっかり〜)




        
八丁平はフェンスだらけ。





        
峰床山方面(ココらへんの山は特徴が無いのでよくわかりませんが)


 八丁平を速攻Uターンして、江賀谷右俣経由、葛川中村を目指す。
中村への分岐から少し登って江賀谷に乗り越したら、普通の暗い植林帯を下って、約20分で江賀谷の右俣の降り立つ。
(あまり登りたくない道だ。)ここから沢沿いの道をまた20分あまりで二俣、そこから林道を30分で葛川中学校のところで
国道367号に出る。さらに国道を20分歩いて周回が完了した。

 小腹が空いたので車で8分の葛川坂下町にある鯖寿しの「花折」で寿司をつまむ。




        
鯖寿しの「花折」本店 その他に下鴨の葵橋東詰に支店
鯖寿し膳¥1,785 めちゃ高価だが最高級の鯖寿司




        
「今回のコース」 ルートは正確ではありません。


   HOME > 山の旅  >  鎌倉山




 
inserted by FC2 system