【頸城】天狗原山 2197m 金山 2245m
   
       HOME > 山の旅  > 天狗原山・金山
草紅葉と火打山腹の紅葉  


【 日 付 】 2015年10月3日(土)
【 地 域 】 頸城 

【メンバー】六右衛門 単独
【 天 候 】 晴れ一時曇り
【ルート】 10/2:山崎 20:05発 〜
      10/3:0:10 みどり湖SA(仮泊) 5:05 〜 7:10 金山登山口 7:20 → 10:25 天狗原山 → 11:00 金山 11:55 → 12:35 天狗原山 → 15:05 金山登山口
                          15:15〜15:50 サンテインおたり(下里瀬温泉)16:35〜道の駅白馬〜松本IC〜伊那IC〜青い塔〜伊那IC〜21:10 小黒川PA(仮泊)
      10/4:7:05〜中津川IC〜8:05 すや・仁科吉五郎商店 9:15〜12:30山崎

 今年も混まない紅葉を探して、百名山、雨飾山の隣、天狗原山〜金山に行くことにした。
10/3
小谷温泉を過ぎてさらに笹ヶ峰方面に登って行くと、後立山が美しく見えてくる。車を止めて写真を撮ろうとしたら?シャッターが切れない?
シャッターが切れないカメラなんてただのゴミだ。数回押してやっと1枚撮影。




      
笹ヶ峰への道の途中で五竜岳、唐松岳、白馬三山

 金山登山口から先は通行止めとなっており、活火山対策にヘルメットが置いてある。
先客が1台で、仲間が来るのを待っておられた。一応持参したヘルメットを持って、挨拶し先に出発する。
まずは大きなジグザグの道を登ってゆき、そのあとゆるんだと思ったら今度は直登気味に登る。
1時間くらいで尾根が痩せてくるが長くは続かず、今度は山腹を巻き気味に行く。ブナ林が美しい。




      
ブナタテ尾根のブナ林

 少し下って今度は小沢の中を登るようになる。沢は狭くて逃げ場がない。しかも沢床は岩に苔が付いていて滑りやすい。
その後、沢は粘土質となり小さな峠を越えると1741mの岩峰が見えてくる。




      
登りの途中で樹の間越しに雨飾山

 
地形図と現実の地形のイメージが合わないが、要所には赤布もあり、道ははっきりしている。
いったん下って登るが、ザレていてお助けロープがある。雨で土が流れて道がわからなくなっているようだ。

2時間くらい登って笹ヶ峰や後立山方面の大展望が開ける。




      
白馬岳、雪倉岳、朝日岳 手前に大渚山

 ここでまたシャッターが切れなくなり、あろうことか、
「レンズエラーが発生しました。自動的にシャットダウンします。」だと!
何回か電源を入れ直したが復活せず、とうとう全く撮影できなくなってしまった。
仕方なくガラケーで撮影することにしたが、今度はガラケーの電池残量が30%しかない。
なんてこった。

 以下ガラケーで撮影です。トホホ。





      
ゴゼンタチバナの実


 しかし天気は絶好。次に1949mの岩峰が見える。逆光だが妙高、黒姫、高妻、戸隠がよく見える。




      
天狗原山から金山と焼山

 登りついた天狗原山の山頂は展望がとても良い。
金山、焼山、火打、妙高、南側には、黒姫、富士山、高妻山、南アルプス、戸隠だが、ガラケーでは富士山は全く写らず。

いったん下って金山を目指す。草紅葉の原が美しく、火打方面は山頂より下1800m〜2000mくらいが紅葉の最盛期だ。
ここで今日はじめてむこうから2人がやってきた。
雨飾から回ってきたそうで、雨飾〜金山間は広く刈り払いされていて、紅葉が素晴らしかったそうである。




      
草紅葉




      
焼山と火打山

 30分ほどの楽しい散歩で金山に到着した。金山は山頂西側に笹があって雨飾は見えない。
しかし北アルプスは、朝日、雪倉岳、下に大渚山、白馬、杓子、白馬鑓、唐松、五竜、鹿島槍、爺
鹿島槍と爺の間に見えているのは、水晶と針の木か。遠くに槍ヶ岳も見えていた。
また糸魚川市街と日本海が見えている。雨飾方面に少し下ってみた。




      
金山から雨飾山方面に進んだところ 左奥は朝日岳

 10分ほど下ると雨飾の尖った姿が望めた。
ところが満足して引き返すときに足がつりそうになり痛くて登れない。焦ったがなんとか騙し騙し金山山頂まで戻って昼食とした。
まずはお湯を沸かして定番「梅昆布茶」で塩分を補給し、そのあと生パスタ、トマトソースである。
焼山まで行きたかったがここから2時間以上かかるので、ゆっくりした後、足にシップを貼ってそろそろと下る。
下りでは朝の先客の4人パーティが登ってきた。隣の雨飾は混雑しているようだったが、ここは今日7人だけ。




      
草紅葉と火打山腹の紅葉(1800m〜2000mあたりが最盛期)




      
池塘と奥に妙高山

 帰り道は
・小谷温泉をパスして下里瀬温泉で入浴
・国道148号線の道端でリンゴ(秋映)購入。
・道の駅「白馬」でそばを食って、大町の酒「北安大國」とブルーベリーコンポートを購入。 
・松本で事故渋滞
・伊那ICでいったん降りて、「青い塔」で「ソースカツ丼」  ⇒仮眠(小黒川PA)
10/4
・中津川ICでまた降りて、中津川市新町の「すや」本店で「栗きんとん」を購入
・駅前の「仁科吉五郎商店」で中津川の地酒「三千櫻」「鯨波」と中津川名物「菊牛蒡漬」を購入




      
中津川駅前通の仁科吉五郎商店

      HOME >  山の旅 > 天狗原山・金山




inserted by FC2 system