菊水山 459m 鍋蓋山 486m  再度山 469m
      HOME > 山の旅  > 菊水山

菊水山から明石海峡大橋を望む

                   
【 日 付 】 2013年9月29日(日)
【 山 域 】 六甲
【メンバー】六右衛門
【 天 候 】 晴れ
【ルート】 梅田7:00(阪神電車)7:39新開地7:46(神戸電鉄)7:54鵯越〜8:55菊水山9:05〜9:53鍋蓋山10:10〜10:30再度山
      〜11:00紅葉茶屋11:20〜11:45新神戸

 神戸電鉄鵯越駅を降りて踏切を渡って左折するといきなり林間の道となる。
さしもの暑さも少し和らいで気温は20℃、風が少し涼しい。
今日は練習で六甲全山縦走路のほんの一部を歩いてみた。
菊水山頂上の電波塔が見える。登りはかなり暑いがそんなに長く続く訳もなく、1時間で山頂到着。
ここの展望は素晴らしく、街が近いので人工物がいっぱい見えるが明石海峡大橋もスッキリ見えている。




      
菊水山から明石海峡大橋方面。

 菊水山を出発すると少し岩っぽい道を折角登った分だけどんどん下ってゆく。左手の数十m下には住宅地があり
なんだかなあと思うが、そこより下ってとうとう天王谷川まで下って天王吊橋で川を渡る。
これって縦走路ですか?川筋まで下ったら縦走じゃないでしょう。
 そいでもってもう一度同じだけ登る。登り始めて後ろを見るとさっきの住宅地が上に見える。
住宅地より下ってしまったのか〜。
鍋蓋山の山頂は周りに木があり、菊水山ほど開けていない。




      
鍋蓋山から垣間見る神戸市街。

 鍋蓋山を辞して再度山に寄り道してみた。全山縦走路から道標に従って修法ヶ原方面に入り、少しで右手の道に入る。
今までの道とは異なり道はふかふかして、踏まれていない。しばらくで山頂に着いたが展望なし。




      
再度(ふたたび)山の山頂標識(展望なし)。

 すぐに再度山を後にして、今度は急坂を大竜寺に下る。ここからは車道になって市ヶ原まで来ると
びっくりするほど人がいる。しかも布引方面からどんどん登ってくる。
桜茶屋やあけぼの茶屋は閉まっていたので、紅葉の茶屋で昼食にした。ワンちゃんが番をしていて
おでんにおにぎりにビールだ!!(これが六甲の良い所で昼食持参不要)





紅葉の茶屋でお昼からおでんとビール 紅葉の茶屋のワンちゃん



      
紅葉の茶屋の様子

 ビールを飲んでいたら店の表を山ガールがいっぱい通ってゆく。店の中では老夫婦が50年前から来てますよと言いながらいい雰囲気である。




      
布引ダムでくつろぐお二人。


 あとは新神戸に向かって下山。




      
今日の布引滝



      HOME > 山の旅 > 菊水山




inserted by FC2 system