保月山 1273m 杓子岳 1440m  中岳 1467m 経ヶ岳 1625m(福井)     
    2010年5月22日(土)     HOME > 山の旅  > 経ヶ岳


    山崎6:00〜(車)〜大野市・六呂師高原〜9:30林道法恩寺線・展望広場P9:45〜10:35保月山10:40〜11:25杓子岳〜
    11:40中岳11:50〜12:35経ヶ岳
    12:55〜13:10切窓〜池ノ大沢湿原〜(唐谷コース)〜14:55林道法恩寺線
〜16:00展望広場P16:15〜(車)〜大野市18:00〜21:50山崎

 2007年8月 猫又山で偶然ご一緒し、メル友で遊んで?もらっていた近藤真理子さん(福井県大野市)が、4月19日鹿島槍ヶ岳東尾根で
滑落し亡くなられました。経ヶ岳・荒島岳・白山・西穂高岳をはじめパワフルな山登りをしていた彼女が・・・と未だに信じられないですが、
息子さんからの「母は亡くなりました」というメールが悲しい。謹んでご冥福をお祈りします。
今回は、彼女のホームグランドでありHPでも最後の山となっている経ヶ岳で、彼女を追悼したい。

        


 大野市内から県道26号線を六呂師高原に向かい、案内板に従って広域林道法恩寺線を進む。舗装道路を約8kmで展望広場駐車場である。
ここは900m位の標高で、眼下に大野市街、左手に荒島岳、右手に銀杏峰、部子山が望まれるのびやかな風景である。
大野市は真名川、九頭竜川の扇状地で、水田に水をはった今の時期は盆地全体が水に浮かんでいるように見えた。

 駐車場のすぐ近くからそこそこ急登が続く。
約2ヶ月ぶりしかも病み上がりで体力が回復していないのか、いきなりから足が上がらず息が切れる。
新緑が美しい。スミレがそこここに咲いている。50分で保月山。
いったん40mくらい下って杓子岳(現地には釈氏ヶ岳の表示)を目指す。ここも急坂で、冬のラッセルは厳しそうだ。
牛岩が牛のように寝そべっていて右側を巻くが、巻き終わって振り返ると稜線どおしは5m位の断崖となっている。
        



 ここから梯子2本のあとも急坂で、ようよう杓子岳に登り着くと経ヶ岳までの道が正面に見える。




        
保月山を振り返る
杓子岳から経ヶ岳を望む(左手中岳)

 またまたいったん40mくらい下って中岳、右手に見えるのが火口跡の池ノ大沢で、ブナの新緑と残雪のコントラストが素晴らしい。
曇ってきたのが残念。




        
池ノ大沢(肉眼では背後に荒島岳がよく見えたが)
経ヶ岳 最後の坂

 中岳からはまたまた70mくらい下って切窓(鞍部)へ、ここから約200m経ヶ岳に登っていく。




        
切窓あたりから池ノ大沢湿原
経ヶ岳の登りから来た尾根を見る

 ようやく少し調子が出てきて最後は意外とあっけなく山頂に到着した。先客7名。カタクリが咲いて、白山と別山が神々しく、手前に赤兎山が控える。
白山と大野市に向かって二度合掌。経ヶ岳だけにお経をあげたいところだが、信心深くない私にはその心得もない。
虫の襲来がひどく昼飯を食べる気がせず、感慨深いが短時間で辞す。



        
経ヶ岳山頂から白山(左)・別山(右)・赤兎山(手前)
 
 帰りは切窓まで下って、池ノ大沢から唐谷コースへ。ここは登りの保月山コースと比べ、薮が少し被っているところがあり
かなりマイナーな感じであるが、変化があって楽しい。(虻の襲来さえなければ!
 ・火口跡 池ノ大沢湿原は新緑と残雪、道は雪に隠れておりコースファインディングが必要。
 ・ここを過ぎるとすこし高巻気味になった後、ブナの林の中を激下り。
 ・とにかく虫が多く襲撃してくる。腕をいくつか噛まれた。(休憩もできん。)
 ・渡渉(という程ではないが)2ヶ所。雪から飛び降りる?ところ1ヶ所(約1m)
 ・最後広域林道に出る手前20分ほど荒れた林道歩き、広域林道に出てから3.5km車道歩きで、これが結構上り坂でこたえる。
  途中うまい水。




        
池ノ大沢
唐谷川のブナ

  花は各種咲いてました。鳥もいろいろ鳴いてました。
 各種「スミレ」はあちらこちらに、「チゴユリ」も咲いていたが写真は失敗。









        




 大野市に戻って彼女お薦めの「そらのあお」でそばを食べる計画だったが、勝原へ戻る元気がなく、替りに「梅林」でそばを食べ、
 春日町の酒屋「源さん」で彼女に教えてもらっていた清酒「荒島岳」(純米酒)を購入した。
 (中身は大野市の地酒「源平」。中身が「一の谷」のもあり。この店独自の名前をつけたもの。)
 天気は下り坂ですっかり曇ってしまった。大 野市にはもうこれで来ることがないような気がする。

     HOME > 山の旅  >  経ヶ岳


     近藤真理子さんの写真を掲載。



杓子岳付近から中岳(左)と本峰(2007/2/24)

 









inserted by FC2 system