徳沢から 奥又白池 2470m のはずが・・・
          HOME > 山の旅  > 奥又白池のはずが・・・


【 日 付 】 2013年8月24日(土)〜27日(火)
【 山 域 】 北アルプス
【メンバー】六右衛門と愉快な仲間たちと噂の美女 全部で11名
【 天 候 】 雨のち曇り時々晴れ、雨のち曇り、晴れのち曇り、晴れ
【ルート】 24日:平湯あかんだなP7:50(バス)8:25上高地〜9:45明神・嘉門次小屋10:45〜11:50徳沢園(泊)
      25日:徳沢園5:55〜6:45横尾7:25〜10:20蝶槍10:30〜11:05蝶ヶ岳小屋12:00〜12:45長塀山〜14:55徳沢園(泊)
      26日:徳沢園7:30〜8:30パノラマコース分岐10:00〜11:15徳沢13:55〜15:50上高地16:30(バス)16:55あかんだなP
         〜17:05平湯館(泊)

26日
 昨日の雨が嘘のようなスッキリとした晴天だ。
今日はコースが短いので徳沢園で朝食をとってからスタートした。




      
朝からしっかり食べる。

 今日は六右衛門がガイド役で奥又白池を往復する予定である。
新村橋を渡ってしばらくで林道分岐を左手に入ってゆく。ロープが張ってありパノラマコースは残雪のため通行不能と
書いてあったが、この時期まで残っているだろうか。昨日とは違って今日は日差しが暑い




      
井上靖「氷壁」のモデルとなったナイロンザイル事件(六右衛門が生まれる前です。)

 1時間でパノラマコース分岐に出る。ここからは尾根の超急登だ。
ところが今朝起きた時から腰が痛かったのが、ここまで来る上り坂でいよいよこの急登は乗り切れそうにないと思い、
ガイド役本人が何と無念の脱落!メンバーには本当申し訳なかったが、本人も指をくわえて好天を見上げるのみ。
情けない状態となった。




      
パノラマコース分岐から見た松高ルンゼ。左岸の岩尾根を登る。




      
パノラマコース分岐から見た前穂北尾根方面




      
仲間が登ってゆくところ。




      
松高ルンゼに咲く花、キスゲとハクサンフーロ





      
パノラマコース分岐から見た蝶ヶ岳


 → 以下虚しく撤退




      
下りながら見る常念岳(右)



 




徳沢園の正面玄関(平成5年に改装しているので37年前に泊まった時とは異なる)
カレーライスとソフトクリームの看板
 

 


徳沢園の方向板と明神岳
徳沢園の時計と煙突
徳澤園前で雷鳥もどき(=鳩)


【参考】奥又白池の本来の眺望




      
2009.9.18





      
2012.10.6


      HOME > 山の旅 > 奥又白池のはずが・・・




inserted by FC2 system