御嶽・五の池
  摩利支天山 
2959m 剣ヶ峰(御嶽)3067m    
    2011年7月29日(金)〜31日(日)     HOME > 山の旅  > 御嶽・五の池


 7/29  山崎21:40発〜久御山淀IC〜
 
7/30 〜中津川IC〜2:10御嶽・中の湯駐車場(仮眠)6:30〜7:30七合覚明行者小屋7:50〜8:50八合女人堂9:30〜11:35三ノ池避難小屋
    11:50〜12:35五の池小屋(泊) 
 
7/31 6:47〜7:10摩利支天乗越〜7:22摩利支天山7:40〜7:58摩利支天乗越〜8:35二の池新館8:45〜9:55剣ヶ峰(御嶽)10:35〜11:55
    八合女人堂12:05〜12:50七合覚明行者小屋13:05〜13:50中の湯駐車場14:05〜14:25木曽温泉15:10〜15:40木曽福島・くるまや
    16:15〜中津川すや他経由〜20:45山崎


 7/30  六合目中の湯の駐車場に着くと満天の星空だった。で仮眠してから、6:30出発した。
 ここ数日大気の状態が悪く梅雨が戻ってきたようなはっきりしない天候だが、歩き始めからガスである。深い森が美しい。
 1時間で七合目・覚明行者小屋だ。道が小屋の中を通っていて、アルバイト?のお姉さまが「ご苦労様です。」というので自然に休憩だ。
 同行のSさんは、笑顔につられて朝からぜんざい!私はお腹の調子が悪いので「御嶽百草丸」を購入した。




        
 深い森の中を進む


 更に1時間で八合目・女人堂、ここから雨となった。イワギキョウが咲いている。




        
八合目・山頂はガスの中
八合目・女人堂のイワギキョウ

 天気が良ければ剣ヶ峰から五の池に回るつもりだったが、展望もないので巻き道を三の池経由五の池へ直行することにした。
とにかく緑が美しくガスに浮かぶ樹々がアートだ。花は色々と咲いている。ハクサンイチゲ、ヨツバシオガマ、チングルマ、オンタデ、ミヤマキリンソウ、
ミヤマキンポウゲ、イワツメクサ、ゴゼンタチバナ、ツマトリソウなど。御嶽は修験道の山で人工物、モニュメントが多数あるが、巨大な山塊は
そんなことでは損なわれない。植生がとても豊かだ。




        
霧に浮かぶ1
霧に浮かぶ2

 雪渓を2ヶ所渡って、三の池への急登となる。約2時間で三の池の畔に登りついた。相変わらずガスと雨だ。気温は12℃で寒い。
絶好の雷鳥日和でひな4羽を連れた親子連れが見られた。





        
雪渓を2ヶ所渡る
オンタデは御嶽を代表する花





        
雷鳥日和 ハクサンイチゲ




        
緑が美しい
うっすらと三の池

 五の池の小屋について、ストーブにあたりながらビールとおでん。出来上がった頃(夕方)少しガスが切れてきた。
小屋から継子岳方面に少し行くとコマクサの群落が見頃だった。




        
五の池小屋付近から四の池 
五の池から継子岳方面へ少し行くとコマクサの群落がある




        
夕焼けが明日の好天を期待させる
夏雲と五の池小屋

小屋番の市川さんのキャラクターがこの小屋のいい雰囲気を作っている。自家製燻製を作ったり、味噌を作ったり工夫も。
小屋は綺麗で、今夜はシーズン中としては多くの人(40人くらい?)が来ていたが、ゆっくりと寝ることが出来 た。
12℃と寒いので薪ストーブに皆集まっている。


夜半に雨が屋根を叩く。目が覚めたら12時でどうしようかと思ったが、すぐ2度寝して今度起きたら5時前だった。


7/31 朝起きると風もなく晴れて、期待が膨らむ。朝食をとってゆっくりコーヒータイム。7時前に出発した。
しかし20分ほどで摩利支天乗越に着くと、もうガスってきた。摩利支天山を往復する。
山頂からは六の池、阿留麻耶天、多分継母岳も霞んで見えたがもう雨が降ってきた。
やむを得ずカッパの下だけ付けて傘をさして歩く。




        
鏡のように三の池が山を写す
摩利支天山から継母岳(多分)

 もう普通に本降り。二の池新館まで10mという表示があるのに小屋が見えない。




        

二の池新館前のお地蔵様




        
二の池(二の池本館はガスで隠れてます)
大きい株のコマクサ

 小屋で小休止してお鉢巡り方向で剣ヶ峰に向かった。本降りのガスガスの中、外輪山を回ってゆく。火口の一の池を突っ切って行けそうだが、
小さいピークをいちいち拾ってゆく。硫黄の匂いが流れてきて山頂が近い。ところが最後のコルからの登りで急に空が明るくなってきた。
ここで晴れて!とお祈りしながら登る。10時5分前に山頂にたどり着いたら何と晴れてしまった。さすがの晴れ男!




        
Sさん頑張る
山頂・剣ヶ峰から二の池と左手・摩利支天山

 下りのハイライト:
1)山頂で晴れたのも束の間、10分で再び雨に。
2)七合目の小屋で、Sさんは生ビール、私はぜんざい(車の運転のため)そしてお姉ちゃんと喋る。この頃から晴れてきた。
3)中の湯は残念ながら休業中のため、車で鹿の瀬温泉に向かう。ここも残念ながら閉まっていた。
4)更に走って、「木曽温泉」で御嶽を望む(でもガスの中)露天風呂に。
5)さっぱりしたところで、木曽福島の「くるまや」へ。とろろ&そばを!
6)次に中津川まで走って「すや」で栗きんつば購入。清酒「恵那山」も購入。
後は帰るだけ。お疲れ様でした。天候は悪かったがなごみの御嶽でした。

   HOME > 山の旅  >  御嶽・五の池




 
inserted by FC2 system