【日高】幌尻岳 2053m 
幌尻岳ノ肩 約1930m                            HOME >  山の旅  > 幌尻岳
1967峰(中央)、ピパイロ岳に続く北日高の稜線  


【 日 付 】  2017年7月7日(金)〜9日(日)
【 山 域 】  日高
【メンバー】 Y先輩、Nさん、六右衛門 + Mさん
【 天 候 】  7/7〜9 快晴
【 ルート 】  7/6 斜里 6:50 (車)→ 比布(道央道)新千歳空港 15:50 (車)レ・コードの湯→ 18:05 新冠・ふかふか亭(泊)
       7/7  4:40(車)6:20 イドンナップ山荘・駐車場 7:00 → 12:50 新冠ポロシリ山荘(泊)
       7/8 5:00 → 5:50 渡渉 → 7:45 雪渓 → 9:15 幌尻岳 9:40 → 10:15 幌尻岳の肩 10:25 → 11:00 幌尻岳
          11:30 → 12:15 雪渓 12:40 → 14:15 渡渉 → 15:05 新冠ポロシリ山荘(泊)
       7/9 5:40 → 11:05 イドンナップ山荘・駐車場 11:15(車)レ・コードの湯(車)苫小牧東 (道央道)登別東 → 虎杖浜温泉・ホテルいずみ(泊)


7/6:
 斜里からいったん新千歳に戻って、空港でNさんをピックアップする。
そのあとホームセンターに寄って、ガスボンベと結束バンドを購入、実は硫黄山で靴底が剥がれかかってきてやばい状態となり、結束バンドで縛ろうという算段である。
(新しい靴を購入していたのだが、慣らしもしないでいきなりという訳にもいかず、置いてきてしまったのだ。不覚。)
今日は
、HPで今回の新冠コースを詳しく紹介している新冠の「ふかふか亭」に泊まる。今日の走行距離は526km。

 幌尻岳のメインルートは糠平川コースだが、
  1)バスや山荘の予約が必要で、山荘のキャパシティが小さく予約が取りにくい。
  2)糠平川で複数回の渡渉を強いられ、雨が降ると通行できない可能性がある。
というリスクが有るのに対し、今回の新冠コースは山荘のキャパシティが大きく(40名くらいか)、多人数でなければ予約不要、渡渉は1回のみで晴天なら石を飛ぶ
程度であるという利点がある。
その代わり登山口から山荘まで意外にアップダウンのある林道(18.5km)を歩く必要があるというドMコースなのだ。



7/7:
 宿を4時40分に出発、天候は快晴だ。今日は登山口まで車で移動し、その後山荘まで林道を歩く行程である。

道路情報:

 事前情報では新冠ダムまではマシな道だが、その先は悪路とのことだった。
両側に牧場が続く道道209号を進み、ナメワッカ橋(滑若橋)を右折します。道なりに進むと右手にシェルのガソリンスタンドがあり、ここは直進します。
でまた道なりに進むと「岩清水アブカシャンベ線」の分岐があり、右折します。
(昔は「岩清水新冠ダム線方面」の表記だったようです。そのほうがわかりやすいが)後は一本道です。
途中からダート道となりますが、路面はならされていて大きな凸凹もなく走りやすいです。新冠ダムの堰堤を左岸に渡るといよいよ悪路かとおもいきや、
ダート道ながら非常によく整備されていて、登山口であるイドンナップ山荘まで何の問題もありませんでした。ただ車はドロドロです。
新冠(ふかふか亭)から54km 1時間40分かかりました。(新冠町中心部→ふかふか亭は約9km)




      
登山口まで約60km でもずっと新冠町内

 イドンナップ山荘は、荒れ放題で泊まる気になれない感じ。先客は10台以上。ここで群馬から来られた単独のMさんと同行することになり4人グループになった。
ゲートをくぐって、いざ林道18.5kmに出発だ。
2泊分の食料の他に、各自ビール(350mL)×2本、六右衛門は4合瓶1本も持っているので、荷物が重い。林道は木陰も多いが、天気が良すぎて暑い。
よたよた歩いて約3km、いこい橋の橋上にあるゲートを潜る。






いこい橋の回転ドア風ゲート
緑が濃い林道 展望はないです。



      
奥新冠ダム
新冠ポロシリ山荘


  林道は沢を何本か巻いてゆくが、沢を渡ってくる風は涼しくその度小休憩。(エキノコックスの問題があるので水は飲めない。)
暑さでバテバテになったところに登りが厳しい。時々下るのは楽でいいが、下っていては到着しないし。
苦闘5時間ようやく奥新冠ダムに到着した。難工事が偲ばれるロケーションと規模だ。
もうすぐかと思ったがここから標高が少し上がり、さらに50分かかってようやく山荘に到着した。(山荘前のテントは13名ツアーのリーダー宿泊)

バテバテで動けず、しばらく休憩してようやくビールと日本酒を沢で冷やして乾杯だ!
ツアーの客のほか小屋は結構満員だった。山荘前からは明日登る幌尻岳の頭が何とか見えていた。




      
右奥のピークではなく、手前の山の左上が幌尻岳らしい。


7/8:
 いよいよ登頂の日だ。朝食をとってから山荘を5時に出発したが、今日登るメンバーの中では一番遅い出発だった。登頂後林道を歩いて下山する人も多いようだ。
我々はあくまでのんびりで、ふかふか亭で勧められたとおり、幌尻岳の肩まで往復し七ツ沼カールの景観を見て山荘にもう1泊する予定だ。

天候は今日も大快晴である。
会社勤めのNさんの都合に合わせ日程を3月に決定し、Nさんは格安航空券を買っているので、天候はお祈りするしか無い状況だったがなんという幸運だろうか。
出発すると笹と蕗が露に濡れているので、スパッツより上がベタベタだ。300mほど進むと昨年の水害で道が崩れたのか突然ロープの滑りやすい高巻きがある。





      
新冠川に沿って遡る


 しばらく新冠川に沿って遡るが、1時間弱で川が二俣になり渡渉点だ。靴を濡らすほどでもなく渡って二俣の間の尾根を急登するようになる。
日高の尾根の急登は有名だが、風がなく暑い。さらに1時間ほど歩いてようやく背後に山が見えてきた。




      
イドンナップ岳(右)、ナメワッカ岳(左)かなあ?

 さらに1時間くらいでふかふか亭でアイゼンを持ってゆけと言われた雪渓だ。
幅10mくらいの結構急な雪渓をトラバースするが
、雪はだいぶ柔らかくなっていて、ステップもあるのでアイゼンは使わずじまいだった。




      
雪渓を渡ったところ。親子連れとすれ違う。Nさん撮影

 ここですれ違ったのが今日出発して既に頂上を往復してきた親子で、この上のお花畑から上が急登で厳しいとのこと。
ここまでも十分急登なんですけど??? 
暫く登るとわざわざ「お花畑」の表示があり、確かにここからの急登はさらに急で厳しかった。しかし風が出て気持よく、展望と花が素晴らしい。
しんどいけどお祭り状態になってきた。お花はキバナシャクナゲ、イワウメ、エゾノツガザクラ、ミヤマキンポウゲ、チングルマなど。
特にエゾハクサンイチゲの群落が素晴らしい。




      
エゾハクサンイチゲと奥新冠のダム湖 Nさん撮影





      
エゾハクサンイチゲと中部日高の山々

 六右衛門はこのあたりから少し調子が出てきて、本当に素晴らしい登高になった。糠平川からのコースと合流すると、北カールからの風が涼しい。




      
幌尻岳の北カールと右奥チロロ岳

 9:15 ついに山頂に到着した。
山頂はあまり風がなく、ほとんど雲もない。原始的で広大な360度の眺望を恣にし、ついに日高山脈の中央に立った感動が訪れた。




      
山頂で





      
山頂から北側の眺望 (真ん中)戸蔦別岳、(その左奥)1967峰、台形はピパイロ岳、(右奥)伏美岳





      
山頂から南側の眺望 (左)カムイエクウチカウシ山 (中奥)1839峰







      





      
エゾアズマギク

 しばらく休憩してから七ツ沼カールを見るために幌尻岳の肩へ向かう。山頂から見えているピークのもう一つ先である。
結構下って(約120mの下り)七ツ沼カールを望む突端、今回の最終目的地に到着した。思わず歓声の上がる光景だ。




      
幌尻岳の肩からの眺望





      
幌尻岳の肩から 戸蔦別岳と七ツ沼カール(熊はいません。)

  ひいひい言いながら山頂に登り返して、Nさんのご要望でコーヒーを沸かす。(このためにバーナー持参)
帰りの雪渓で雪解け水を飲みたいというので、これまた持参した簡易浄水器で水作り。めちゃくちゃ冷たくて生き返る。(このために浄水器も持参。)
山荘に着く手前でイギリスとアメリカのカップルに出会う。もう2時半だというのにこれから登る、我々は足が速いから大丈夫だと言う。
上に小屋はあるかなどと言っているので、拙い英語でいろいろ話して止めるが、行くという。
仕方なく別れ、靴底の剥がれも何とかもって、我々は無事山荘に辿り着いた。再びビールを冷やし、日本酒を冷やして酒盛りだ。今日は山荘は空いている。

 しばらくしたら、カップルは考えを変えて戻ってきた。
イギリスの女性はマラソンランナーらしく、裸足で山荘の前を歩きまわり、山荘前の草地で昼寝していた。なかなかワイルドだ、




      
3本目の酒は、新潟石本酒造さんの「越乃寒梅」純米吟醸酒 

7/9:
 昼間は異常高温だったが、朝方はシュラフにくるまっていても寒いくらいだった。今日は再び18.5kmの林道を戻るだけだ。
Mさんは次にトムラウシに向かうということでお別れし先に出発していった。
今日も暑くて晴天だが、少し雲があった。まだかまだかと言いながら5時間30分の歩行を終え、
3日間楽しい仲間と好天に恵まれた山行も
ついに大団円をむかえた。

   HOME >  山の旅 > 幌尻岳




inserted by FC2 system