【八ヶ岳】東天狗岳2640m 西天狗岳2646m
          HOME > 山の旅  > 天狗岳
東天狗岳から蓼科山(左奥)縞枯山  


【 日 付 】 2015年10月23日(金)〜24日(土)
【 地 域 】 八ヶ岳 

【メンバー】Y君 Nさん 六右衛門
【 天 候 】 晴れ
【ルート】 10/22 山崎  20:40 〜 0:40 中央道小黒川PA(仮泊)
      10/23 6:35 唐沢鉱泉 7:30〜 9:30 黒百合ヒュッテ 9:55 〜 10:00 中山峠 10:10 〜 11:15 東天狗岳
          11:30 〜 11:35 東西のコル(昼食)12:30 〜 12:42 西天狗岳 12:45 〜 14:30 唐沢・枯尾分岐 14:35 〜 15:20 唐沢鉱泉(泊)
      10/24 8:03 〜 8:23 尖石診療所 10:00 〜 諏訪IC 〜 中津川IC 〜 12:30 すや 12:45 〜 中津川IC 〜大山崎IC 〜 16:50 山崎

10/23
 美しく紅葉した別荘地「三井の森」を過ぎるとダート道になり、3kmほどで唐沢鉱泉に到着する。
この時期としてはそれほど寒くなく(12℃くらい)、今日は金曜日なので人出も少ない。
しばらく待っていると時間通り東京から仲間2人がやってきた。




      
朝の唐沢温泉

 唐沢鉱泉前の臨時トイレは構造が面白く、ドアを開けると階段になっており、Nさんいわく「玉座」が鎮座してます。
拝みながら入るとそこはバイオトイレで、撹拌はモーターである。トントンとノックされても階段がありドアが遠いので
ノックを返せず、「入ってまーす」と叫んだが、よく考えたら横の壁を叩けばよかったんだ。

 出発してすぐ西天狗に向かう道を右に見送り、黒百合平を目指す。
針葉樹と苔が美しく、ああここは北八ツなんだと実感する。




      
ここは北八ツですね。

 岩がゴロゴロして歩きにくい道を約2時間で、黒百合ヒュッテに到着した。
Y君がお湯を沸かしてコーヒーをご馳走してくれた。天気は絶好だが風がかなり吹いている。
小屋付近はとても開放的でのんびりできる。




      
黒百合ヒュッテの前でティータイム

 ここから東天狗に登るが、佐久側の景色を期待して中山峠経由とする。5分で峠に出るがかなりの強風で寒い。




      
中山峠から少し登ったところで これは稲子岳?

 雲があり遠望は効かない。天狗の岩峰目指してゆっくり登って約1時間、東天狗岳に到着した。
数人の先客だ。ここに来たのは39年ぶり!である。




      
東天狗岳から北を望む 縞枯山と左奥に蓼科山

 赤岳と阿弥陀岳が逆光の中に浮かんでいる。硫黄岳の上にほんの少しだけ飛び出ているのは横岳かな。




      
東天狗岳から  奥左から赤岳、中岳、阿弥陀岳 手前左に硫黄岳 一番手前は根石岳

 東天狗と西天狗のコルまで下ると全く風がなく暖かいので、ここで昼食にすることにした。
3人がそれぞれストーブを並べて店開きしたので、何となく参道の露店のような感じだ。
六右衛門は、またまた生パスタとペペロンチー二ソースである。Y君はカレーライス。
りんごも食べて、のんびりした。我々のチームは元々こんな感じだったのだけど。





      
西天狗の登りで 根石岳 と 奥に硫黄岳




      
西天狗岳から東天狗岳

 よっこらしょと立ち上がって西天狗岳へ。ここは初登である。
あとは唐沢鉱泉まで下ってビールだ!と思ったが、少し下った第2展望台付近で何となく身体がだるくなり
変だなあと思ったのが異変の始まりだった。

唐沢鉱泉できれいな炭酸泉に浸かって夕食の時間になったが、食欲がなく食べられない。
宿に一応「酒持ち込みOKですか」とお尋ねしたところ「宿の酒も飲んでね。ほどほどにね。」と言われたが、
下のようにお持ち込みし、飲み始めたが寒気がする。早々に寝込んだが恐ろしい寒気がやってきた。




      
今回のお持込み酒とアテ御一行様

10/24
 明けて土曜日も快晴で、今日は車が沢山登って来ていた。
我々は逆に車で移動して、尾白川渓谷から日向山の予定だったが、六右衛門は食欲もなくだるい。
さすがに山は諦め、宿のおかみさんにこの辺りに診療所ありませんかと聞いて、途中仲間2人を見送ってから
「尖石遺跡考古館」の近くにある「尖石診療所」を受診した。





      
山荘風な「尖石診療所」






      
尖石診療所の待合室 待合室に暖炉!

 熱が38度ありだるいが、喉は痛くなく咳も出ない。インフルエンザの検査をしたら陰性だったが、所見がないのでインフルを疑って
「イナビル」の吸入と解熱剤「カロナール」との処方だった。インフルの検査結果を待つ間ベッドで寝ていたが、そのまま寝ていたかったけど。





      
マークがシュールな「尖石診療所」診察券


 これから5時間以上かけて車を運転して帰らないといけない。
諏訪SAでりんご「シナノスイート」を買って、中津川で降りて「すや」で「栗きんとん」を買って
死にそうになりながら帰着した。
夜には39.2度まで熱が出て大変でした。(結局風邪)

      HOME >  山の旅 > 天狗岳




inserted by FC2 system