王ヶ頭 2034m 王ヶ鼻 2008m (美ヶ原)     
    2010年4月4日(日)     HOME > 山の旅  > 美ヶ原


    松本7:40〜(車)〜8:15三城いこいの広場駐車場9:00〜9:25広小場〜(百曲り)〜10:25塩クレ場〜10:55王ヶ頭11:00〜11:20王ヶ鼻
    11:50〜12:10王ヶ頭〜(ダテ河原コース)〜13:00三城荘前
〜13:10三城いこいの広場駐車場13:20〜(車)〜13:50松本

 松本から県道67号を三城牧場へグイグイ登る。
30分あまりで三城いこいの広場駐車場に着く。ここは既に1320mくらいあり、王ヶ頭のアンテナ群が見えている。
かなり広い駐車場だが先客は1台だけだった。ビーナスラインは4月23日まで積雪通行止めだが、歩いて登ろうとする人はいないのか。
 駐車場の前に案内看板があり、登山道が描かれていたが、登山口がわからない。あちこち歩き回っているうちに45分ロス。
ところが何と案内板の裏側に道標があり、百曲り登山道だった。
                        この看板の裏側が登山口
        


 案内板の横にロープが張ってあり通行止めになっていたので気づかなかったのだ。いつもなら通行止めを無視して突撃するのに、なんてこった〜。
気を取り直して進む。オートキャンプ場などを通りすぎると、広小場という広場に出る。ここからいよいよ百曲りの始まりだ。
道はとても良く踏まれていてかつ整備されている。
        

段差のないなだらかな傾斜でとても歩きやすく、名前の通りジグザグが切られている。
1曲がり,2曲がり,3曲がりと数えながら登って行った。
 上部に行くとまずは鉢伏山が雪を残しながらせり上がってきて、カラマツなどもあって高原らしいとてもいい雰囲気である。

        


 鉢盛山や乗鞍岳も見える。100曲りには到底及ばず、32 ± 2曲がりくらいで(数えていても忘れてしまう。)最後近道を直登すると
広大な台地となり、塩クレ場に登りつく。(とても登りやすい良い道=推奨!)
向こうに美しの塔が見えているが、思っていたよりも小さかった。

        


 登りついて空が抜けたかと思った串田孫一氏は、突然広大な台地の全容が見渡せるこの道から登ったのだろうか?

温度は5℃くらいと思われるが、かなりの強風で涼しい。雪を踏んで王ヶ頭へ向かう。
                        槍から穂高の稜線 槍のすぐ右側に常念岳
        


草原の彼方に次々と白い山が現れる。東側は八ヶ岳、蓼科、浅間、籠ノ登、四阿山、根子岳、妙高、火打、焼山などなど。
これは蓼科、八ヶ岳方面をみたところ。

        

 
 王ヶ頭ホテルの前でホテルの人と会話する。ここは通年営業だそうだ。

        


 さらに車の通る立派な道を少し下りながら王ヶ鼻を目指す。
ここの展望は素晴らしく、武石峰の彼方に白馬三山、五竜、鹿島槍、爺、針ノ木、餓鬼岳〜常念、常念のすぐ左手に槍、

        


 大キレットの底は蝶の稜線で見えず、穂高連峰、西穂、焼岳、乗鞍、鉢盛山、御嶽、中ア、鉢伏山。手前には松本市街。
天気最高の日曜日に登山者には誰一人会わず、ここだけ風も穏やかでココアを飲んでゆっくり休憩した。



        


王ヶ鼻から石切場を目指す道もあるが、下ってから車道を戻らないといけないので、王ヶ頭まで戻って頂上からダテ河原コースを
下ることにした。下り1時間弱で三城荘前バス停横に飛び出す。

     HOME > 山の旅  >  美ヶ原









inserted by FC2 system