【京都】善峯寺 約300m 〜釈迦岳 631m 
          HOME > 山の旅  > 善峯寺〜釈迦岳                    
善峯寺の落葉


【 日 付 】 2013年12月8日(日)
【 山 域 】 京都西山
【メンバー】六右衛門 単独
【 天 候 】 曇り 
【ルート】 大山崎駅11:40(阪急)11:46西向日駅〜13:10善峯寺13:45〜14:30釈迦岳〜15:05大沢〜15:50尺代〜16:15山崎

 広島のK氏から送って頂いた牡蠣が美味かったので、気分よく飲んでいて早朝には起きられず、ゆっくりスタートした。
阪急電車の大山崎駅から各停で2駅、約6分で西向日駅に着く。駅から市街地をたらたら歩いていくが、この道は善峰道といって
まっすぐ善峯寺に向かっていく。
 やがて田舎道となって、美しい竹藪(竹の畑と言っても良い)や、比叡山や愛宕山を望むキャベツ畑がある。




      
素晴らしく手入れされた竹林 ここは筍の本場です。

 小塩の交差点を過ぎ、新しい京都縦貫道の高架下を通り、十輪寺に着く。
さすがに紅葉は終わっているが、参道、石段を埋める落葉が晩秋の雰囲気だ。




      
十輪寺の参道。 落葉で埋まる石段

少し上り坂となって、京都市街が見えたり、山茶花の花がきれいな家があったり、約1時間半で善峰のバス停に着く。
今日は弱い冬型の天候なので曇りがちだが、残る黄葉にそこだけ陽が当たっていた。




      
善峯寺バス停付近に残る黄葉。

参道をぐいぐい登って善峯寺を拝観した。ここは西国観音札所第20番で本堂の観音様と、空を泳ぐ竜のように見える
遊竜松が有名である。紅葉は終わっているので人は少なく、落葉が渋い美しさだ。




      
善峯寺の参拝路の落葉。

 伽藍は広くて更に登ると京都市街を望むお堂がある。300mほどあがっているので眺望がよく、
比叡山から東山三十六峰が連なる。




      
善峯寺から京都市街を望む1




      
善峯寺から京都市街を望む2 紅葉は終わりです。


  30分ほど拝観させて頂いて車道に戻り、ここから釈迦岳に登る。
出だしの山道はまだ紅葉に彩られていてとてもいい雰囲気だった。




      
善峯寺から釈迦岳へ登り始める。


 そのあとは暗い植林に入ってゆき、沢を渡って登ってゆく。数人とすれ違うが展望もなく面白い道ではない。
傾斜が緩くなり自然林になって釈迦岳の頂上に着いた。親子連れ4人がお食事中で、お邪魔になりそうなので
そのままUターンして大沢に向かって下山する。大杉十字路から細い急な下りとなり、15分くらいで林道に降り立つ。




      
何?この木?これで1本。


 この辺りは水無瀬川の源流で川にそって下ってゆく。大沢の集落でしいたけとなめこを販売しているところがあったので
今夜の鍋のためになめこを買った。500mほど車道を東に進んで、大沢キャンプ場への山道に入り、小さな峠を越えて今度は尺代を目指す。
相変わらず川沿いの面白くない道でそのまま自宅まで。


      HOME >  山の旅 > 善峯寺〜釈迦岳




inserted by FC2 system